ひげをサロンでニードル脱毛

ひげをサロンでニードル脱毛

メンズエステサロンでのひげ脱毛には施術方法が2つあります。
1つは電気で毛穴に針を刺し、毛乳頭にダメージを与えてメンズ脱毛するニードル脱毛。そしてもう一つは、特殊なメラニンに反応する光で毛乳頭にダメージを与えてメンズ脱毛するフラッシュ脱毛または光脱毛とも呼ばれています。
エステで脱毛すると言えば、この2つの脱毛方法が永久脱毛にあたります。ただ、この方法は1度で永久に生えてこなくなる脱毛方法ではなく、ある程度の回数と適切な施術が必要になります。繰り返すことで、本当に生えてこなくなります。
しかし、このニードル脱毛とフラッシュ脱毛には大きく違いがあるため、脱毛する際にはどちらの方法を選択するかよく検討して下さい。
大手のTBCやダンディハウスなどのサロンで行っているメンズ脱毛方法はニードル脱毛です。
ニードル脱毛は、資格を持ったエステティシャンのみが行える施術方法で、ずっと昔からエステサロンで行われてきました。欠点として、ニードル脱毛は痛みが強いことがあります。また、エステティシャンの技術にもよりますが、時間がかかります。
しかもその施術時間で料金が決まるというちょっとおそろしいシステムなんです。
毛量が多い人だとかなりの施術時間がかかり、その分お金もかかるでしょう。しかも、エステティシャンのスキルが低いと、軽く内出血したり、肌が赤く腫れることがあります。一般的に、肌が弱い人やかみそり負けしてしまう人は赤くなりやすいと言われています。
ただ、サロンによっては脱毛した個所の炎症を抑えるためのアフターケアをしてくれます。しかしそれも別料金なことが多いです。
この肌の赤みはたいていの人は半日から数日で収まります。
そして肝心の金額なのですが、大手TBCだと30万〜70万円の費用がかかるようです。金銭的に余裕のある方はぜひ!