脱毛ラボブログ

脱毛を断られることはあるの?

脱毛ラボではお客様の安全第一で運営を行っています。ですから、お客様の体調が優れない時に、無理矢理に脱毛を受けさせるようなことはしません。

 

例えば脱毛ラボでは未成年者の脱毛の場合は、保護者の承諾書をもらってくるように規定で定めています。これは未成年者の場合は、まだ判断力がないうちの脱毛で何か万が一トラブルがあった時のことを考えているからです。保護者の承諾がないまま脱毛して、トラブルがあったときに傷つくのは本人です。万が一の時に保護者のサポートをしっかり受けられるよう、脱毛ラボでは未成年者が同意書なし脱毛を受けられないようにしているのです。

 

これに加えて、施術日に体調を崩されて薬を服用している場合や、予防注射などを射った後など、普段とは違う状況下にある場合は、万が一を避けるために脱毛ラボでは脱毛を断り、また後日予約を取るよう勧めることがあります。生理で気分が悪い場合も同様です。生理中はホルモンバランスが崩れやすいので、普段は大丈夫なものに対して過敏に体が反応することがあります。これによって、体に異常をきたしてしまっては、脱毛どころではありませんから、日を改めるようにお勧めすることがあります。

 

このように脱毛ラボは自分たちの利益だけを追求するのではなく、お客様の体調や何がお客様にとってベストかを考えて、判断しています。